クレジットカードの付帯保険の種類

クレジットカードを作ると自動的に加入される付帯保険。
それではその付帯保険にはどんな種類があるのか説明します。


付帯保険・海外旅行(海外旅行障害保険)

海外旅行中の病気やケガなど、海外旅行中に発生するさまざまなリスクを補償する保険です。
主な補償内容として、以下の様な内容のものがあります。


○傷害死亡、後遺傷害
○傷害治療費用
○疾病治療費用
○賠償責任
○携行品の損害
○救援者費用



付帯保険・国内旅行(国内旅行障害保険)

国内旅行中の病気やケガなど、国内旅行中に発生するリスクを補償するものです。
主な補償内容は、以下の様な内容のものがあります。


○傷害死亡・後遺障害
○入院保険金
○手術費用
○通院保険



付帯保険・ショッピング

クレジットカードで買い物をした時に、その購入した商品の破損、盗難、紛失などを補償してくれる保険です。
カード会社によって、「ショッピングプロテクション」、「ショッピングガード保険」、「お買い物安心保険」などと呼ばれます。 年々、破損や盗難事故が増えていますので、この保険が付いていると安心です。


付帯保険・カード盗難保険

クレジットカードが盗難・紛失した場合、そのカードで他人に不正使用された場合に補償を受けることができる保険です。


付帯保険・シートベルト保険

車の運転中の事故を補償するものです。
シートベルトを着用して運転していた時に交通事故に会い、死亡・重度後遺障害にあった場合に補償を受けることができます。





付帯保険を比較するときのポイント

クレジットカードの付帯保険を比較するときのポイントをご説明します。


今説明したように、付帯保険と言ってもいろいろな種類があります。


しかし付帯保険で一番重要なのはやはり「海外旅行傷害保険」です。


というのも国内旅行の傷害保険に関しては、健康保険も使用できますので、それほど気にされなくてもよいからです。


それよりも海外で万が一事故や怪我があった場合、治療費は想像以上にかかります。
単に風邪をひいただけの治療でも結構なお金がかかりますが、事故や入院なんてことになると100万円以上の治療費が必要になるケースはザラです。


ぜひクレジットカードの付帯保険をうまく利用して、安心して海外旅行に出かけてくださいね!


>>クレジットカードの保険は合算できるへ